読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天風録を写す&日記 2016-9-3

じゃましないで欲しいな、わずかなやすらぎをー。気だるい声とメロディーは、たちあがってくゆる紫煙のよう。広島市生まれの歌手奥田民生さんのは「たばこのみ」と題した曲で愛煙家の気持ちをうたう▲趣味と嗜好は人それぞれ。吸う人もそれなりの健康を気にしながらマナーを守り、たしなんでいるはずだ。それでも年を追うごとに肩身は狭くなってきた。15年ぶりに改定された「たばこ白書」が追い打ちを掛けそう▲白書は記す。他人のたばこの煙を吸って病気になり、亡くなる人は年間1万5千人。いわゆる受動喫煙が肺がんや脳卒中、小児ぜんそくを引き起こすリスクを最も高い「レベル」とした。煙たがられても無理はない▲世界保健機関から、受動喫煙を防ぐ日本の対策は最低レベルとされた。4年後の東京五輪に向けたイメージ回復のためか、白書はうたう。病院や学校、レストランなど公の場所では分煙ではなく「100%禁煙を」と▲たばこのみには白書というよりけむたい「黒書」かもしれないが、害とリスクを考えれば、むべなるかな。じゃまはしないから、周りに配慮して欲しいなー。吸う人と吸はない人が、安心し共生できる世の中でありたい。はな

 

たばこ、と言うと私世代の男性は当たり前に吸うって、大人の証、雑誌などでも背広と同じくらいかっこよく出ていた。私も吸うまねをしたりしたけど上手くない。友と煙が目にしみる格好をしてよく笑った。楽しかったよ